大隈進子(おおくま のぶこ)先生

東京都生まれ。東京学芸大学卒業後、教師を経て町田コダーイ合唱団の指導者・指揮者、町田市合唱連盟会長、日本わらべうた協会顧問、町田市芸術協会副理事長を務める。

ハンガリーの有名な音楽家、コダーイ・ゾルダンの「音楽教育は母国語ではじめよ」という考えに共鳴した先生は、「わらべうたは母国語と精神の離乳食」との理念をかかげ、日本のわらべうたを研究、子どもの音楽教育に取り入れ、実践してきた。

「わらべうたは教えるものではなく伝えるもの」と、子どもたちが遊びを通して、社会性を身につけることができる「わらべうた」の再認識を訴え続け、親子わらべうた教室を主宰し、全国で講演活動や音楽指導をおこなっている。

2008年、「ハンガリー芸術基金」から長年にわたるコダーイの教育理念に基づく音楽教育活動により、コダーイ記念賞を受賞。

著 書 に 「とーりゃんせとおりゃんせ」(古今社)
      「わらべうたが子どもを救う」(共著 健康ジャーナル社)など
訳書・楽譜に「小さい人間たちのうた」(全音楽譜出版)をはじめ、
       コダーイ作曲・合唱曲「天使と羊飼い」訳詞で知られる。