自然遊び
たこあげは、江戸時代から正月の遊びとして親しまれてきました。
たこは、ほねぐみに紙やぬのをはったおもちゃで、風の力で空に飛ばして遊びます。
糸で、うまくたこをあやつり、どれだけ高く飛んだかを競争します。
せんみだこは、セミの形をしたたこで明治時代に生まれました。
子どもの成長を祝って子どもの日にあげられました。